やればできるもんだ!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離乳食と下痢

離乳食の始め時って、ハッキリ言って分からない。
腰がすわったらOKとか、歯が生えてきたらOKとか…絶対的に分かりやすいサインがあれば良いんですけど…

あまり早すぎても胃腸に負担をかけるとか、遅すぎても咀嚼の発達が遅れるとか言うし、、、
ビビりまくりで悩んだ結果、某育児雑誌の平均値である5ヵ月半の時からスタートしました。

10倍がゆから初めて、にんじん・ほうれん草と順調にゴックンしてくれていたと思ったのに、
1週間位経ったころから問題が発生しました!

下痢気味のうんち、そしておむつかぶれ。
夜中もお腹が痛いのか、おむつかぶれが痛いのか分からないけど、泣き出してしまって…。
何が原因なのか全く分からなかったので病院に連れていくと、
便には特に悪い菌はおらず「離乳食の消化不良からくる下痢」であろうと診断されました。

離乳食を始めると便秘になるとは良く聞きますが、まさか下痢になるとは・・・!!
先生曰く「よくある事」だそうで、離乳食はストップしないように言われました。
そしていつまで続くのかは分からないという答えに不安になりました。
結局その日は、おむつかぶれ用のアズノールという軟膏を処方してもらいました。
DSC_1393.jpg


離乳食が原因であった下痢…
それは治してあげられないけれど、私にできる事と言えば、おむつかぶれを早く治してあげる事!!

酷い時で1日10~15回くらいはチビチビと下痢をしていた息子。
その度にお尻をお湯につけて洗い、薄~く軟膏を塗ってあげました。
・・・とは言っても8Kg程ある息子を抱えてお尻を洗う作業は大変!!

しかし何度もやっていると、息子の下痢にもリズムがあることが分かってきます。
彼の場合は、朝一に数回とミルク後に数回…。
(ミルクを飲むとお腹を刺激してしまっていたのかしら?)
当の本人も慣れたのか(?)全く苦しくない感じ…。
下痢のリズムが掴めると買い物などの外出もできますし、「おっ!やっぱりやったね!!」なんてタイミングを当てたりして楽しみながらやってました。

良くお友達に普通の時と下痢の時って、どう違うの?って聞かれます。
確かに、この月齢のものは大人のソレとは違ってまだまだ軟らかいので分かりづらいと思いがち…
でもやっぱり違います。
まずは回数、それととにかく水っぽいという事。
何回か息子の水鉄砲ならぬ下痢鉄砲をくらいましたもの…

結局、下痢は約1ヵ月ほど続きました。
7ヶ月に入った現在、排便は1日に1~2回とリズムも出来てきました。

色んなことを経験して、息子も私も成長していくんだなって感じた出来事でした

↓↓↓ブログランキングにご協力お願いします♪↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。