やればできるもんだ!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離乳食と下痢

離乳食の始め時って、ハッキリ言って分からない。
腰がすわったらOKとか、歯が生えてきたらOKとか…絶対的に分かりやすいサインがあれば良いんですけど…

あまり早すぎても胃腸に負担をかけるとか、遅すぎても咀嚼の発達が遅れるとか言うし、、、
ビビりまくりで悩んだ結果、某育児雑誌の平均値である5ヵ月半の時からスタートしました。

10倍がゆから初めて、にんじん・ほうれん草と順調にゴックンしてくれていたと思ったのに、
1週間位経ったころから問題が発生しました!

下痢気味のうんち、そしておむつかぶれ。
夜中もお腹が痛いのか、おむつかぶれが痛いのか分からないけど、泣き出してしまって…。
何が原因なのか全く分からなかったので病院に連れていくと、
便には特に悪い菌はおらず「離乳食の消化不良からくる下痢」であろうと診断されました。

離乳食を始めると便秘になるとは良く聞きますが、まさか下痢になるとは・・・!!
先生曰く「よくある事」だそうで、離乳食はストップしないように言われました。
そしていつまで続くのかは分からないという答えに不安になりました。
結局その日は、おむつかぶれ用のアズノールという軟膏を処方してもらいました。
DSC_1393.jpg


離乳食が原因であった下痢…
それは治してあげられないけれど、私にできる事と言えば、おむつかぶれを早く治してあげる事!!

酷い時で1日10~15回くらいはチビチビと下痢をしていた息子。
その度にお尻をお湯につけて洗い、薄~く軟膏を塗ってあげました。
・・・とは言っても8Kg程ある息子を抱えてお尻を洗う作業は大変!!

しかし何度もやっていると、息子の下痢にもリズムがあることが分かってきます。
彼の場合は、朝一に数回とミルク後に数回…。
(ミルクを飲むとお腹を刺激してしまっていたのかしら?)
当の本人も慣れたのか(?)全く苦しくない感じ…。
下痢のリズムが掴めると買い物などの外出もできますし、「おっ!やっぱりやったね!!」なんてタイミングを当てたりして楽しみながらやってました。

良くお友達に普通の時と下痢の時って、どう違うの?って聞かれます。
確かに、この月齢のものは大人のソレとは違ってまだまだ軟らかいので分かりづらいと思いがち…
でもやっぱり違います。
まずは回数、それととにかく水っぽいという事。
何回か息子の水鉄砲ならぬ下痢鉄砲をくらいましたもの…

結局、下痢は約1ヵ月ほど続きました。
7ヶ月に入った現在、排便は1日に1~2回とリズムも出来てきました。

色んなことを経験して、息子も私も成長していくんだなって感じた出来事でした

↓↓↓ブログランキングにご協力お願いします♪↓↓↓

RSウィルス感染

先日、とうとう我が子がRSウィルスに感染してしまいました。

お医者さんに診てもらう2~3日前から咳と痰が酷かったのですが
発熱がなかったので単なる風邪なんだろうと思い、
予防接種を受けるついでに診てもらおうという感覚でした。

実際、お医者さんは鼻水を垂らす息子の胸の音を聞いた程度で「RSっぽいなぁ」と言って簡易検査。
結果、感染が判明

簡易検査は鼻の粘膜で調べられるらしく、新型インフル同様の綿棒をあり得ない位鼻の穴に突っ込む検査で15分程度で結果が分かります。

幸い息子は入院するまでには至らなかったのですが、
看護師さんには「厄介なウィルスですから、容体が悪化したら、すぐにでも連絡ください」と言われ、
そのまま帰宅してきました。

現在、このウィルスに対しての特効薬っていうのはないらく、鼻水吸引と吸入器を使用しての薬の吸入指導の他、数種類の薬を処方していただきました。

薬は呼吸器系への作用に関するものがほどんどです。
・シロップ(アスべリンシロップ/小児用ムコソルバンシロップ/ムコダインシロップ)…毎食前3回
・粉薬(オノンドライシロップ)…朝夕食後2回
・貼付剤(ホクナリンテープ)…寝る前に1枚
・吸入液2種(インタール吸入液、メプチン吸入液)…朝・寝る前・夜間

今回私が初めて経験したのは、貼付剤の貼付と吸入器を使用した吸入液の吸入。

貼付剤の大きさは縦横1㎝位のもので胸や背中、腕などに直接貼り付けるものでした。
これには気管を広げる効果があるらしいです。
貼付するのが赤ちゃんの場合は、引っ掻いたりして剥がれないように背中に貼ることをすすめられました。
DSC_tenp.jpg

吸入については病院より吸入器を借り自宅で行いました。
薬をマスクに繋がっている筒状の部分に入れ電源を入れると液体が霧状になって出てきます。
霧が出ている間は子供のマスクを口に付けておいてくださいとの指示通りにはしていましたが、
じっとしている訳もなく息子の顔が動く度に、マスクで追うって感じになってました
DSC_kyunyu.jpg


RSウィルスは発症から1週間程度で快復するそうです。
今回は私にとっても息子にとても初めての経験でしたし、とても勉強になりました。
苦しい顔の息子を見ていると、とても悲しくなりますし、それ以上に反省もします

何かいつもと違ったら、早めに受診させようと…。
それで何もなければ安心できるし、何かあった場合に早期対処が可能になるし…

↓↓↓ブログランキングにご協力お願いします♪↓↓↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。